事業内容

トンネル防水工事

弊社の主要事業であるトンネル防水工事は、トンネルを掘削した後、地下水などの浸入を防ぐため、
トンネル内部に防水シートを釘打ち・溶着していきます。

 
image (6).jpg

工程1:釘打ち

突起物などでシートが破損しないよう、細心の注意を払い、まずは釘止めしていきます。

image (7).jpg

工程2:溶着

シート間に隙間が空かないよう、溶着していきます。
トンネルの内壁に地下水が浸入すれば、コンクリートの劣化を早め、トンネル自体の耐久性に関わります。

image (8).jpg

工程3:検査

施工後も、破れ穴あきが無いか、もう一度、入念にチェックします。

施工完了

トンネル内壁の下地を担当する弊社の工事はこれで完了。
後は、トンネル内壁を仕上げる業者さんへバトンタッチとなります。

©2019 株式会社エムテック

大阪府枚方市牧野本町2丁目2番3号